kurage831go’s blog

くらげのようにゆるゆると

映画「最強のふたり」

f:id:kurage831go:20160629210126p:plain

いまさらながら、日本でも大ヒットしたフランス映画の「最強のふたり」を見た。

話の内容は今更ながら紹介する必要もないと思うので簡単に。

 

首から下が麻痺した大富豪フィリップ、その介護役の仕事の面接に無職の黒人ドリスがやってきた。

ドリスはハナっから仕事などする気は無く、ただ仕事の面接に行ったという証明が欲しかったでけなのだ。その証明さえ貰えれば社会保障が受けられるのだ。

そんなドリスに興味をもったフィリップは彼を介護人として雇ったのだが・・・

 

実話を元にしているだけあって、大きな事故や事件は無くそれでも二人が心を通わせるストーリーが軽やかに進み、最後まで楽しめた。

本当であればストーリーの感想を述べるのがスジだと思ったのだが、見終わってこの映画を調べて気になった事を書こうと思う。

 

まず始めに思ったのが、面接行っただけで失業手当のようなもの貰えるなんてフランスすげ〜!!

いや、フランスはじめEU諸国はそういった手当が充実しているって知ってはいたし、それがあるから働かない人も多いって話も聞いたことあるけど・・・

前科者のドリスにも仕事探したよって証明できれば手当支給とか、そりゃあ働かない人もでてくるわな(^^;)

それと映画だとドリスはアフリカ系移民になっているけど、モデルとなった人はアルジェリアの移民らしい(ウィキより)

なんでそこの設定を変えたのか凄い気になってしまった。

アルジェリアだからきっとイスラム系の人なんだろう、ムスリムの人は映画のドリスのようにハチャメチャなことはしない(もしくは出来ない)からだろうか?

現実にはしていても映画という媒体でおおっぴらには表現できないのだろうか??

そのあたり微妙な事情が見え隠れしていて凄く気になってしまった(>_<)

 

それでもこの映画はいい映画だった。お互いに影響を与えながら変わっていく二人はとても素敵で見応えはあったし、最初は無表情だったフィリップがドリスとかかわってしだいに楽しそうな顔を見せていってくれる過程は良かった。

 

おすすめです。