kurage831go’s blog

くらげのようにゆるゆると

漫画の話

さて今日も相変わらず話のネタか無いのでとりあえずこのまえ読んだ漫画「プラチナエンド」の感想でも書きますかねー

 

いやーしかし小畑健さんほんっっっっとうに絵が上手!!

いろいろ書き込んでいるけれどまだまだこれくらい余裕だよっていう声が聞こえてきそうなぐらいタッチやトーンの使い方が丁寧でしかも正確。

前作のバクマン。は未読なので絵の状態はわからないけど前々作のデスノートこの時もとても上手だった。

デスノートの時は光が当たっている箇所は線を省略して、ここに光が当たっていますよーっていう描き方をしていた。その線の省略(と言っては語弊があるかな?)をしていてもデッサンが狂うことなく登場人物も生き生きと描き出されていました。

ただ、その描き方のせいで眩しかった(>_<)

絵から見えてくる光がどうにも眩しい感じがしたんだよね。もちろんそれも表現の1つでデスノートに関してはその世界観とマッチしていてよかった。

ただ、読んでいて眩しいなーっていうのはぬぐい去れなかった。

 

そして今回のプラチナエンド、これはそういった眩しい描き方は無くなり集中して読むことができた。

やはり世界観とかで描き方を変えているのかな??

 

ああ、小畑健さんの画力が羨ましい!!

 

f:id:kurage831go:20160928201043p:plain