読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kurage831go’s blog

くらげのようにゆるゆると

うんどーかい

昨日はブログを更新出来なかった。

せめて一ヶ月間は連続して書いていきたかったのだが、三才になる甥っ子の運動会に呼ばれて行ってきたら思いの外、疲れてしまったのだ。

運動会そのものより、その後で甥っ子と遊んだせいで疲れたのだが。

 

それにしても,運動会って何のためにするのかな??

私は昔っから運動が苦手だったから運動会ももちろん嫌いだった。リレーとかで後ろの人に抜かされてクラスの友だち(?)から白い目で見られたり、後はあれも何のためにするのかわからん。

人間ピラミッドって言えばいいのかな?生徒たちがよつばいになってどんどん積み上がってピラミッドを作るっていうあれ。

私は自慢では無く本当に身体が細くて、ピラミッドの上の方にされたわけだがあれ上に上るのむっちゃ怖かった〜

ぐらぐら揺れるし、小さい頃は高所恐怖症だったからもうあれだけであれに登らなきゃ行けないと思うだけで泣きそうだった。

むろん下の子は下になった辛さがあったろう。小さな石や砂が手や膝に食い込み、さらには、重たいものがどんどん乗っていくのだからその辛さは想像に難くない。

あれか?運動会ってのは国民がまとまって動ける訓練をさせるためにやっているんじゃないかと政府な策略に思えてきた。

だって、ダンスとかマーチとか皆と動きを合わせなきゃいけないものだし。

動きを合わせることを得意とする人間が増えれば洗脳もしやすく、軍隊を作りやすくなるに違いない!!

・・・まあ、私の想像(妄想?)もここまでにしておこう。

でもまあ、甥っ子が頑張って走ったりダンスしたりする姿はやっぱり可愛かった。

保護者がその成長をしみじみと実感できるという点ではとてもいいかもしれないね、

何よりも甥っ子自身は運動会をとても楽しんでいたのでそれがなにより救いだった。

泣きだす子もいたけどねー。ちなみに私は泣きだす組だったなー。

 

うーん。やっぱり私は運動会好きになれないや(-_-;)